ホーム >>FXとは?

FX(外国為替保証金取引)のさまざまな注文機能を使われる方へ(成行注文・指値注文・逆指値注文・IFD注文・OCO注文・IFO注文・2Way・期日指定)など

FXとは?

「FX」とは「Foreign Exchange(フォーリン・エクスチェンジ)」の略です。
最近では「外貨保証金取引・外国為替証拠金取引・外国為替保証金取引」などさまざまな呼び方をしていますがどれも意味は同じです。
1998年4月の「外為法」つまり、外国為替及び外国貿易法の改正により誕生した金融商品です。
今までの日本で、外国為替取引ができたのは国から認可を受けた銀行だけに限られていました。
そして外為法改正により個人単位での為替の取引ができるようになり続々と個人向け取引サービスを開始した業者が増えてきました。(商品先物取引取会社、証券会社など)その中でFXの取扱う業者も増えてきたのです。
FXの最大の特徴はなんといっても少ない投資額で、大きな取引ができる(レバレッジを利かせられる)ということです。
このレバレッジは取引会社によって違いますが、一般的には3万〜5万円の保証金があれば1万米ドルぐらいの取引が可能になります。
つまり投資金が少ない方でも気軽にFXを始められることができます。

なぜ少ない投資額で大きな取引ができるの?

さきほどの解説でなぜ少ない投資額で、大きな取引ができるの?? と思いますが、それは保証金というかたちでFX取り扱い業者に「担保」として投資金を預け、1万米ドル分の取引をする権利を与えてくれる仕組みになっています。

例えば実際に5万円の投資金をFX取扱い業者に預け、その5万円を保証金(担保)として1万米ドルを買った場合で説明していきます。
1万米ドルを買ったとき相場は1米ドル=110円でした。
それから相場が動き、1米ドル=108円になった場合(ドル安・円高の状態)損失は2円×1万=2万円になります。
この場合取り扱い業者に預けていた、5万円の保証金から2万円が差し引かれて保証金は3万円となってしまいます。
逆に相場が1米ドル=113円になった場合(ドル高・円安の状態)は3円×1万=3万円で保証金が8万円になり、取引できる金額が5万円の保証金だったときは1万米ドルまでしか取引できなかったが、8万円の保証金になることにより2万米ドルまでの取引が可能になります。
このように取引で得た損失や利益だけで証拠金に加減する方式を、差金決済方式といいます。

差金決済方式
差金決済方式
まだまだありますFXのメリット

FXの特徴は少ない投資額で、大きな取引ができるレバレッジだけではありません。
外貨取引の種類では外貨預金外貨MMFなどほかにもさまざまな商品がありますが、ほかの外貨取引商品にないさまざまなメリットがあります。
そのなかでも最大のメリットは、他の外貨取引の商品は、外貨を「買って→売る」というのが基本ですが、FXの場合はその逆で「売って→買う」こともできるのです。
つまり外貨預金や外貨MMFなどの商品は、ドル安・円高のときに買って相場の動きがドル高・円安になれば利益は得られますが、逆の場合は損失が確定してしまいます。
その点FXの場合は「買い→売り」でも「売り→買い」でも入ることが出来るので相場の動きによって柔軟にどちらかを選び利益を確保出来るチャンスが増えるのです。

 
ページの先頭へ