ホーム >> FXのリスク

FX(外国為替保証金取引)のさまざまな注文機能を使われる方へ(成行注文・指値注文・逆指値注文・IFD注文・OCO注文・IFO注文・2Way・期日指定)など

FXのリスク

FX(外国為替証拠金取引)は元本保証の商品ではありません。
保証金(投資金)の何倍もの資金をレバレッジの効果で投資することができる反面これによって、為替相場の変動で影響が何倍も増幅され成功したときの利益も大きい代わり、失敗したときの損失・リスクも大きくなります。
つまりレパレッジの倍率が大きいほど「八イリスク・八イリターン」になります。
証拠金全部を使った投資は、きわめてリスクが高く、もし相場が予想に反した動きをすると、あっという間に投資していた証拠金を割り込んでしまいます。
証拠金は損失をFX業者に対してカパーしてもらうものなので、損失が増えると、証拠金の追加を求められたり、強制的に決済(ロスカット)させられたりします。これによって、差し入れた証拠金をすべて損失として失うということになります。
損失が広がりそうになったときは早めに「損切り」をするか、初心者の方はレバレッジの倍率を下げて取引をすることをおすすめします。

FXのリスク
 
ページの先頭へ